趣味

青森4月の平均気温と服装は?観光に行くならここ。

青森は関東と違ってやはり寒いんですよね。私は毎年、夏に青森に行くんですが、関東では長袖なんて着ないのに、青森では必ず長袖が必要になります。夏でも朝・夜は半そででは寒いと感じるほどなんですよね。

この記事では、関東から4月に青森に出かけるときの服装と、おすすめスポットをご紹介します。

くみ
くみ
青森では4月の下旬から5月頃が桜のシーズンになるよ^^

関東と東北では、だいぶ気温が違います。青森の4月はまだまだ寒いので、厚手の服は絶対に持って行った方がいいです。

青森の4月の平均気温は?

4月の青森はまだまだ寒いです。平均気温としては、最高気温が8度、最低気温が-2度と、まだまだ真冬な印象です。ですが、雪が降ることはめったにないので、降る場合は、よっぽどのことだと思って大丈夫です。

旅行で青森に行く場合は、レンタカーを借るときもあると思うのですが、会社によっては、スタッドレスタイヤをはいているレンタカーが4月の中旬で終了するところが多いようです。

ごくまれに、4月の中旬頃に雪が降ってしまった場合は、車での移動が難しいという場合もあります。

青森は、ライブカメラがいろんな場所に設置されているので、事前に天候を確認することができるので、とても便利です。

どんな服装をすればいい?

4月の青森は、まだ桜も開花していないところが多いので、まだまだ寒いです。関東の人にとっては、青森はとても寒く感じるので、真冬の服装で大丈夫です。特に、青森は地域によってもだいぶ気温差がありますし、移動も車が多いと思いますので、冬用のコートがあった方が安心です。

昼間、暖かくなるようであれば脱げばいいので、冬用のコートは持っていくことをおすすめします。

また、4月の下旬になれば、桜が咲き始めるところも増えてきますので、冬物のコートはいらなくなります。ですが、厚手のジャケットや、羽織れるニットなどを持っていくと良いです。

4月の青森観光におすすめの場所は?

4月20日から始まる弘前さくらまつり

2600本のさくらと400年の歴史がある弘前公園のさくらまつりが、毎年4月の20日から行われます。ちょうど桜の開花に合わせて行われます。有料区域などがありますが、お城の景観と相まってとてもきれいですので、人気のスポットになっています。

元祖 青森のっけ丼

4月というわけではないのですが、1年を通しておすすめな場所が「元祖 青森のっけ丼」です。新鮮な海の幸をその場で食べられるという、非常に贅沢な市場になります。こちらは「食事券」を購入して、市場を歩き回り、食事券と引き換えに、新鮮な食材を乗せてもらうのですが、1300円で10枚つづりになっています。

食材によって、必要な食事券の枚数が違うので、中トロとウニと、大エビと・・・なんて豪華に乗せていったら、食事券10枚では全然足りません。

ゴールデンウィークなど混雑している場合は、追加で食事券を購入するのもなかなか難しいので、最初から、大人1人なら食事券10枚つづりを2枚(2600円)購入した方が無難です。(こちらが10枚つづり2枚分のボリュームになります↓)

山内丸山遺跡跡

こちらも4月、というわけではないですが、青森の観光ではとてもおすすめな場所です。縄文時代の遺跡が復元されており、中に入ることもできます。

県立青森美術館にも歩いて行けるので、歴史を知るにはとてもおすすめのスポットになります。個人的には、県立美術館の地下2Fにある、「あおもり犬」がめちゃくちゃかわいいので、一緒に写真を撮ってほしいスポットです。

まとめ

おすすめの観光スポットは、外を歩く場合が多いので、温かい服装で出かけてくださいね。せっかくの旅行なのに、風邪を引いてしまうのはもったいないので、羽織れるもの、脱ぎ着がしやすい服装でお出かけください。