学び

東北自動車道の料金の割引は?深夜割引の仕組みってどうなってるの?

家族が多いなら、飛行機や新幹線で帰省するより、東北自動車道を使って、車で帰省した方が、交通費も安く済みますよね。しかも、東北自動車道は、普通に通行するだけではなくて、いろいろな割引などもありますので、事前に調べておいた方が、お得に帰省することができます。

この記事では、東北自動車道の通行料金の割引の種類や仕組みについて解説します。

くみ
くみ
うちはいつも、30%割引で青森まで帰っているよ。往復1万円近く節約できるので、とてもうれしいです^^

高速道路の割引が適応になるのは、ETC限定です。ETCを利用していない場合は、割引にはならないので、注意が必要です。割引の種類は複数ありますので、適応条件を確認して、利用してくださいね。

東北自動車道の料金について ETC割引

東北自動車道の通行料金が割引になるのは、ETCを利用している場合です。ETC割引の中に、いくつかの割引の種類があります。代表的なのが、平日朝夕割引、休日割引、深夜割引になっています。

平日朝夕割引に関しては、ETCマイレージサービスに登録している人限定になります。

ETCマイレージサービス
平日朝夕割引に関しては、料金が直接割り引かれるわけではなく、翌月の20日に、無料通行分として還元されるので、普段から高速道路に乗る人ならいいのですが、帰省のとき、年に1度しか高速道路を利用しない場合は、メリットはありません。

ETCマイレージサービスは、通行料金に応じて、ポイントが付くのですが、ポイントの有効期限が決まっています。有効期限は、ポイントが付いた年度の翌年度末までとなっています。

東北自動車道の料金について 休日割引

東北自動車道のETC割引には、休日割引もあります。休日割引は、土日・祝日が対象になります。他にも毎年1/2と1/3が適用されます。割引は30%となりますので、けっこう大きいですよね。

ただし、普通車、軽自動車、二輪車が対象になります。この「普通車」というのは、高速道路の車種区分が普通車に該当するものなので、中型車は割引対象になりません。

なお、お盆期間は、交通量の分散を目的として、通常の休日ではなく、平日を休日割引対象日にする場合があります。実際、2018年のお盆期間では、8月11日(土・祝)と12日(日)は休日割引の適用日とせず、代わりにその前の9日(木)と10日(金)を休日割引の適用日に変更しました。

2019年のお盆期間中も、休日割引の適用日が変更になる可能性があります。7月の上旬には、発表されると思いますので、詳細が分かり次第、こちらの追記いたします。

東北自動車道の料金について 深夜割引

東北自動車道のETC割引には、深夜割引もあります。こちらは、深夜0時から早朝4時の間に走行していれば、30%の割引となります。休日割引のような車種は限定されておらず、すべての車種で適用されます。

深夜割引は、毎日適用されるのですが、休日割引との併用はできません。深夜割引、休日割引、どちらか割引率の高い方が適用になります。

なお、深夜割引の適用時間は、深夜の0時から早朝4時の間に走行していれば適用されます。夜の22時くらいに東北道に入り、深夜2時に東北道を出たとしても、割引は適用されます。

詳しい割引率などは、こちらのサイトで簡単に計算できます。出発予定日時を入力すれば、自動で適用になる割引も計算してくれますので、チェックしてみてくださいね。

まとめ

高速道路をお得に走行するなら、ETCは必須です。30%の割引は大きいですよね。夜の運転に慣れている人は、深夜割引をうまく使うと、渋滞回避もできます。

東北道の渋滞 2019年のお盆期間 下りの渋滞を回避するなら?出発はいつ?東北道って普段は全然混まないんですけど、GWやお盆期間中は、帰省ラッシュの影響で大渋滞するんですよね。 この記事では、毎年、東...