料理

にんにくの保存なら外の方がいい?長期保存するなら?においも気になる!

にんにくは栄養価も高く、いろんな料理に使えるのですが、なかなか1つまるごと使う機会ってないですよね。

この記事では、にんにくの保存場所と長期保存の方法、においが出ない方法について解説します。

beluga
beluga
うちは野菜用の網に入れてつるしているよ!

にんにくの長期保存は、冷凍する方法やしょうゆ漬けなどで加工する方法があります。加工をして、あまったにんにくに関しては冷凍保存しておくのがおすすめです。

にんにくの保存なら外の方がいい?

にんにくは料理には欠かせない食材ですが、香り付けや薬味として使用することが多いため、どうしても使いかけのまま保存することになってしまいます。

保存する場合のポイントはカビさせないことはもちろんですが、「芽が出ないように」することが重要です。芽がでると成長のためににんにく本体の栄養分が芽に取られてしまい実が痩せてしまうため、外で保存するなら風通しのよい冷暗所で乾燥させるようにするのがコツですが、保存期間は長くても1ヶ月前後を目安としておきましょう。

夏など暑い季節で当分使う予定がないなら、外よりも冷蔵庫に入れておくことをおすすめします。冷蔵庫の場合はラップなどに包んでおけば2ヶ月近くは保存することが可能です。

にんにくの保存を長期で行うなら?

にんにくを一時的に保存するのであれば、新聞紙に包んで臭い漏れを防止するためにポリ袋に入れ冷蔵庫のチルドルームに入れれば大丈夫です。

しかし長期的に保存するのであれば、皮を剥いて保存パックなどに入れて冷凍する必要があります。1粒丸ごと冷凍して凍ったままの状態で刻んでも良いですし、前もってすりおろしておいてから冷凍するのも良い方法です。

もっと長期にわたってにんにくを保存させたい場合は、しょうゆ漬けやオイル漬け、酢漬けなど加工しておくのが良い方法になります。にんにくは皮を剥き熱湯殺菌して、瓶の方も熱湯消毒をしてからしっかりと乾かしておくことが必要です。

そしてしょうゆやサラダオイル、お酢などをにんにくが浸るまで入れてしっかりと蓋をして保存します。

にんにくの保存方法は?長期保存できるおすすめのレシピは?にんにくの旬は5月から8月ころです。この時期になると、ご近所さんからたくさんにんにくをもらう機会もありますよね。国産のにんにくは決して安...

にんにくの保存は強烈なにおいがする?

にんにくを冷蔵庫で保存しておいたら、冷蔵庫中が強烈なにおいで充満してしまったという経験がある方は多いのではないでしょうか。ちょっとした工夫をすることで、その問題は解消させることが出来ます。

具体的な方法としては、にんにくをスライスして乾燥させた状態で保存する、にんにくをおろした状態で冷凍保存する、1個ずつラップで包みビニールに入れて冷蔵庫や冷凍庫に入れておく、醤油やお酢やオイルなど漬けて加工した状態で保存するなどがあります。

このような工夫をすれば、強烈なにおいを抑えながら長持ちさせることが可能です。にんにくを保存するための専用の陶器のポットなども市販されています。お洒落なデザインのポットを選べば、キッチンのインテリア性もアップします。

まとめ

にんにくの保存は、冷凍保存や加工して保存する方法があります。冷蔵庫で保存する場合は、においなどが充満しないように、ラップに包むなど、ちゃんと対策をしてくださいね。