趣味

着物が好き!生活に役立つ趣味 着物着付師とは?

生活に役立つ趣味と一言でいっても、様々なジャンルがあり向き不向きもありますよね。ですが、着物が好きな人なら、趣味だけで終わりにするのではなくて、一歩進めて「着物着付師」という資格の取得を考えてみてはいかがですか?

この記事では、生活に役立つ趣味の1つとして、着物着付師について解説します。

くみ
くみ
資格取得の勉強は体系的に学べるから楽しいよ。

着物着付師なら、年齢に関係なく、ずっと続けられることですので、仕事にしても趣味として楽しむことができます。

もともと着物が好きだった

生活に役立つ趣味と一言でいっても、様々なジャンルがあり向き不向きもあります。また、家族構成によっても左右される事もあるでしょう。

そんな中でも趣味から資格を取得し、更に仕事に活かせれば大満足ですよね。そう考えて資格を取得し、仕事につなげているのですが、そこに至るまでには色んな道のりがありました。もともと着物が好きだったので、個人の先生に「自分で着る」方法を教えてもらっていました。

着物着付師とは?

着物関係の資格として、「着物着付師」という資格があります。着付けの仕事につくためには、必ずしも資格が必要というわけではないのですが、一定の技能を見極めるために、専門の学校があったり、技能検定があります。

厚生労働省認定資格「着物着付指導士」資格

着付師育成課

私は、「着物着付師」という資格がある事を新聞広告か何かで知り、ある学校に通いだしました。学校といっても週1回という習い事の様な感覚です。

そこでは自分が知っていた事以外にも、沢山の方法や小物などがあり、多くの知識を得る事が出来ました。

でも、それだけではなく、資格なのですから当然試験があるのです。コースも1つではないので、内容も様々ですが、私の場合実技試験のみ。試験を受けるということは学生時代からやっていない事に加えて、当然ですが制限時間があるので、何とも言えない緊張感がありました。

段階があり、3級、2級、1級と昇級の度に試験があり、3級取得後から下積みという形で仕事には出ることが出来ます。でも1級の試験はさすがに難しく1度落ちてしまい、2度目で合格するに至りました。

着物着付師 資格取得後は?

資格を取得した後は、ありがたいことに仕事に出ています。他にも、個人的に知り合いの方の入学式、卒業式、成人式などのお手伝いもさせてもらえるようになりました。

自分の生活に直結する趣味とは言い難いかもしれませんが、様々なお祝いのお手伝いをさせて頂ける事、また定年等に関わらず続けられるという事は、とても嬉しく感じています。

まとめ

簡単な事ではないし、それなりに時間もかかる事なのですが、着物が好きな人にはとてもおすすめです。長い目で見れば、どこでも、何歳までも続けられる趣味ではないかと思います。もしかしたら、そこから新たな世界が広がる方もあるのかも知れません。