生活

女性ホルモンはなくなる!女性ホルモンの減少を防ぐ方法と対策

美と健康におおいに関係している女性ホルモンなんですが、女性らしさをキープするためにも、このホルモンの減少は防ぎたいですよね。

この記事では、趣味楽しむことと女性ホルモンの関係について、書いていきます。

くみ
くみ
女性ホルモンがなくなるなんて、昔は知らなかったよ~

女性ホルモンは「ドキドキワクワク」と関係があるようです。バランスの良い食事はもちろんですが、積極的に心が動く、脳が刺激されるような趣味は、自分の魅力を、もっと引き立てるものとなるはずです。

女性ホルモンはなくなっていく

女性として生まれたのだから、女性ホルモンは存分にあると思っていたら大間違い、何しろその分泌量のピークは20代後半から30代前半に終わってしまうので、そこからは低下していく一方のようです。閉経前後になると激減し、それがイライラとかホットフラッシュなどの更年期障害に繋がるのです。

でも仕方の無いことと諦めたくはないもの、何しろ女性ホルモンエストロゲンは女性らしさに関係しており、ティースプーン1杯程度とほんの僅かしかないのですが、それが美と健康に関係しているからです。

女性ホルモンの減少を防ぐ方法

年齢を重ねても美しく若々しい人というのはいます。その一方で、年よりも老け込んで見える人だって、どうすれば女性ホルモンの減少を防ぎ、できれば増やせるのか調べてみました。

まず重要なのは日々の生活習慣、大豆イソフラボンが女性ホルモンに似た働きを持つというのは有名になりましたが、それだけを大量に食べるというよりもどちらかと言うと和食寄りのバランスの良い食事を取るようにした方が良いようです。

更には良質な眠り、適度な運動です。女らしくおしとやかなというよりも、肉食女子で強くたくましくなっているのは毎日の過ごし方も関係あるようです。

女性ホルモンと脳の関係

恋をすると女の子はきれいになると言われています。これは化学的根拠があるようで、ドキドキやワクワクはドーパミンを大量に分泌することになります。そしてドーパミン分泌神経は、エストロゲンの分泌を指令している視床下部を通ることで、エストロゲンにも良い影響を及ぼすということなのです。

すでに夫がいる身で不倫を楽しみましょうというわけではなく、読書したり音楽を聴いたり、そんな趣味の中でもドキドキワクワクは得られますので、趣味を楽しめば、女性ホルモンの減少は、抑えられるかもしれませんね。

まとめ

「もうこの年で」なんてしり込みしないで、いろんなところにアンテナを伸ばして積極的に挑戦していっていれば魅力的な女性となれるのです。新しい趣味を持てば、その関係での出会いだって増えます^^