生活

2019年の中秋の名月はいつ?意味は?十五夜と違うの?

中秋の名月って、その時期になるとニュースで取り上げられますよね。中秋の名月って実は毎年違うのご存知ですか?

この記事では、2019年の中秋の名月はいつなのか、意味は何か、同じ「月」に関係する十五夜との違いについて解説します。

くみ
くみ
中秋の名月の意味を知って、お月様を見ると、よりきれいに見えるよ!

2019年の中秋の名月は、9月13日です。毎年日にちが変わりますし、満月であるとも限りません。

2019年の中秋の名月はいつ?

日本では、1年で最も美しい月とされる日にお月見をする習慣があります。2019年の中秋の名月は9月13日になります。

中秋の名月は毎年日にちが違いますし、必ずしも満月とも限りません。旧暦は月の満ち欠けに合わせて1か月を約29日とし、1年を約354日としていました。季節の移り変わりは太陽の周期に寄るので、そのずれを調整するために旧暦は約3年に1度閏月を入れ、1年を13か月にしていました。

そのため現在の暦で旧暦の日付に置き換えると、中秋の名月は毎年日にちが違うということになるのです。また、日にちで決まるので満月と重なるとも限らないのです。

中秋の名月の意味は?

中秋の名月の意味としては、旧暦の8月15日の月を指します。旧暦では7月~9月を秋としていて、秋の折り返し(秋の中日)である8月15日を「中秋」と呼び、その時に浮かぶ月を「中秋の名月」と呼びました。

現代の暦では、だいたい9月中旬前後の満月の日と言われています。ただし、中秋の名月は満月だというイメージですが、実際には満月だとは限りません。

中秋の名月と言われる9月中下旬という時期は、稲の収穫時期と重なります。月は豊作の象徴といわれ、月に形が似ている団子などの供え物をささげ農作物の収穫に感謝の意を込めます。

団子と合わせてススキの穂も供えます。ススキは稲穂に見立てたといわれています。
またススキは魔除けとしての意味も含まれ、無病息災の祈りも含まれています。

中秋の名月と十五夜って違うの?

中秋の名月も十五夜も同じ「月」に関係することはわかりますが、そもそも何が違うのかいまいちわからないと思いませんか?

この2つは違うもののように思う人もいると思いますが、実際のところは十五夜の中に中秋の名月というものが存在すると言う認識が正しいです。

十五夜といえば秋にあるというのが一般的な解答ですが、実は旧暦で考えると毎月あるものとなっています。一年に一回しかないのは中秋の名月となります。旧暦でいうと8月15日に毎年行われる行事で、なんのために行われていたのかというと五穀豊穣を祈ることが大きな目的だったと言われています。

そのため、現在のようにススキや月見団子をお供えして神様に祈るということが行われます。ですので、中秋の名月 十五夜というのは似たようなものと言う解釈で問題はありません。

まとめ

中秋の名月は旧暦と関わっているので、毎年日にちが変わります。なので、中秋の名月だからといって、月が満月というわけではありません。中秋の名月も十五夜も、実際のところは同じです。