旅行

丹波篠山へのアクセスは?歩くとどれくらいの時間がかかるの?

「天空の城」とも呼ばれている竹田城跡がある丹波篠山は人気のスポットです。

この記事では、丹波篠山へのアクセス方法と、歩くとどれくらいの時間がかかるのか、そしておすすめのスポットについて解説します。

beluga
beluga
「天空の城」なんてステキだね^^

丹波篠山(たんばささやま)は、兵庫県にあります。ちょうど、京都と兵庫の間にあるので、京都と間違いやすいのですが、兵庫県丹波篠山市にあります。

丹波篠山へのアクセスは?

丹波篠山へのアクセス方法は、鉄道(大阪駅や新大阪駅から)の場合は、兵庫県内の尼崎駅まで東海道本線に乗り、そこから福知山線に乗り換えてからJR篠山口駅に行くのが一般的です(JR丹波篠山口から市中心部へはバスを使って向かいます)。

JR大阪駅からJR篠山口駅までの所要時間は、特急こうのとりの利用で約1時間、JR丹波路快速利用で約1時間10分となっています。

近畿自動車道などの高速道路で行く場合は、中国自動車道の吉川ジャンクションから北に進んで舞鶴若狭自動車道に入り、丹南篠山口インターチェンジまで行けば丹波篠山市に着きます。

大阪市内からの所要時間は約60分、京都市内(京都縦貫道などを利用)と神戸市中心部からは約90分で行く事が出来ます。

丹波篠山って歩くとどれくらいの時間がかかるの?

丹波篠山は歴史情緒あふれる城下町であり、観光地として有名です。全国から多くの観光客が訪れており、常に賑わっています。観光で行ってみたいけど、城下町の散策にどれくらいの時間がかかるのかについて気になっているという方は多いのではないでしょうか。

丹波篠山を歩く時間についてですが、篠山城大書院や武家屋敷安間家資料館や春日神社などの人気の観光スポットを一通り回るとなると、移動だけでだいたい30分程度の時間がかかります。

それぞれのスポットでの滞在時間によっても要する時間は違ってきますが、歴史を感じながらゆったりと城下町散策をする場合は2~3時間くらいの時間を確保しておくのが無難です。魅力的な飲食店も多いので、休憩しながら散策を楽しみましょう。

丹波篠山の見どころやおすすめは?

京都府の南西部にある丹波篠山は兵庫県との県境にあり、盆地になっていることから9月から10月にかけては早朝、濃霧に包まれるのが特徴です。そのため、丹波篠山の見どころやおすすめは「天空の城」とも呼ばれている竹田城跡になります。

この竹田城跡は戦国時代に本間忠勝が築き、関ケ原の合戦では西軍の要所にもなっていました。元々は砦がありましたが、現在は城壁のみが残されています。

「天空の城」と呼ばれる理由は、濃霧が立ち込めた時に朽ち果てた城壁のみが雲の中に姿を現すのが幻想的で、有名アニメ映画に登場する城のようだと言われているからです。丹波篠山の町おこしにもなるほど有名になり、公共交通網はないものの、タクシーを利用すれば最寄り駅から約20分で、現地に向かうことが出来ます。

まとめ

丹波篠山は山に囲まれていますが、大阪からも1時間ほどでいけるので、そこまで不便ではありません。「天空の城」や城下町の散策をぜひ楽しんでみてくださいね。