ダイエット

筋トレだけでは効果でない?ダイエットの効果はいつから?

毎週2回、ジムで筋トレをしているのに、なかなか痩せられない・・・なんてことはないですか?せっかくジムに通っているのに、ダイエット効果がないなんて、もったいないですよね。

この記事では、女性の筋トレの効果を倍増する方法を解説します。夏までに痩せたい!運動するのは嫌いじゃないという人には、効果的な方法をお伝えします。

beluga
beluga
女性は筋肉もつきづらいから、正しい知識が必要だよね~

ダイエットは筋トレするだけでは痩せないと、科学的にも証明されています。筋トレと合わせて、食事や栄養素にも気を使う必要があります。特に女性は、筋肉がつきづらく、落ちやすいので、より、正しい知識が必要になります。

筋トレだけでは効果でない?

最近は筋トレ女子が増えていますよね。ひと昔前は、ガリガリと呼ばれるような、筋肉がない細い体が、若い女性の憧れでもありましたが、今はモデルさんたちも、適度に筋肉がついていて、中には女性でも腹筋が割れている人もいますよね。

ガリガリボディよりも、足やお腹に適度に筋肉がついている方が、健康的ですし、きれいに見えるので、若い女性もジムに通ったりして、筋トレをする筋トレ女子も増えてきました。

私も週2回はジムに通い、そのうちの1回は、パーソナルトレーニングを受けています。特に、週に1度のパーソナルトレーニングでは、45分間みっちりトレーナーについてもらって、自分の限界ギリギリの負荷を超えられるように、しっかり筋トレもしています。

筋トレは、ずっと同じ負荷をかけ続けても、意味がないんですよね。体は慣れてしまうので、「つらい、きつい」と思ったその先まで、負荷をかけないと、筋肉はつきません。

しかも、毎日筋トレをやっても効果がなくて、筋肉を休める期間も必要になります。だから、限界を超える負荷をかけた場合の筋トレの頻度は、週に2回で十分と言われています。

女性の筋トレ 効果はいつから?

女性の筋トレの効果って、いつから目に見えてわかるのか気になりますよね。実は、筋トレの効果って、1週間で表れているんですよ。

ハードな筋トレをした後は、筋肉痛になるじゃないですか。あれは、これから筋肉が成長しようとする痛みだと思えば、耐えられるはずです。一度の筋トレで、すぐに筋肉がついて、目に見える効果が期待できることはないですが、体の中では、確実に成長が始まっています。

では、目に見える効果はいつから感じられるんでしょうか。女性の場合は、ホルモンの影響などもあり、なかなか筋肉はつきません。ついたと思っても、摂取する栄養素や筋トレの強度などで、すぐに筋肉が落ちてしまうんですね。

ですが、しっかりトレーニングをして、栄養も取れば、2か月から2か月半で、見た目でも筋肉がつくと言われています。

有名なパーソナルトレーニングのジムは、だいたい2か月~3か月で、運動と食事の両方をサポートするプランを組んでいるところが多いのですが、1か月で体の中の基礎作りをし、残りの1か月で、見た目も変わるというのは、とても理にかなっています。

筋トレの効果を倍増するには?

パーソナルトレーニングのジムではなく、地元のフィットネスクラブなど、自分の好きな時に好きなタイミングで自由に通えるタイプのジムがありますよね。そのようなジムに毎日通っても、2か月たっても、3か月たっても痩せない・・・なんてことがありませんか?

その理由は、筋トレの強度の問題もあるんですが、やはり普段の食事と、摂取すべき栄養素などの基礎知識を、教えてもらえないからなんです。

筋トレだけしてても、筋肉になる栄養素がなければ、筋肉にはなりません。運動の方は、地元のフィットネスクラブでカバーできても、食事や栄養素の方まで、カバーするのは難しいんです。

筋トレも栄養素も両方必要

筋トレの効果を倍増させるなら、筋トレと栄養素の両方が必要です。プロテインの摂取は有名ですが、脂質が多すぎて、逆に太ってしまうというものもあります。

また、男性と女性では、必須栄養素が異なるので、きれいになりながら、きれいに筋肉もつけていく方が、効率的です。

女性の筋トレの効果を倍増させるなら、プロテインのみの摂取ではなく、プロテイン以外の栄養素もしっかり入ったサプリがとてもおすすめです。
こちらは、私が普段から摂取しているサプリになります。

愛用サプリはこちら

まとめ

筋トレをがんばっているのに、なかなか効果が出ないのは、筋肉を作る栄養素が足りてないからです。

私も、何か月もジムに通っているのに、全然痩せなくて困っていたら、食事の管理と、栄養素が足りないということを教えてもらいました。
トリプルビーはとてもおすすめです。無料でお試しができますので、普段から体を動かすのが好きな人には、最適なサプリになります。