ネットショップ

パソコンと趣味をかけ合わせればネットショップができる

私にはお花が大好きな親戚がいます。お花を育てるのが好きで、どんどん畑を広げていったら、いつしか出荷できるまでの規模になりました。昔は、お花屋さんと言えば、店舗しかなかったんですが、今はネットでもお花を販売することができますよね。

この記事では、趣味の延長線上にある、ネットショップの可能性についてお話していきます。

くみ
くみ
趣味の延長線上だったら、楽しいことだから時間を忘れて没頭しちゃいそうだね^^

お花が好きだから、きれいに育てたい。実際にきれいに育ったら、素敵に写真を撮ってあげたい。きれいにお花が育ったから、きれいにアレンジして、たくさんの人に届けたい。そう思ったら、もう趣味で終わらすのはもったいない。今は簡単にネットショップが作れる時代なので、趣味を仕事にすることもできます。

ガーデニングも趣味になる

趣味の1つとして、ガーデニングがあります。庭先でパンジーやキンギョソウ、チューリップを育てて、きれいに咲いてくれると本当にうれしいものですよね。一番最初は、パンジーの苗を購入したり、チューリップの球根を買う必要があるので、少しだけお金はかかりますが、花が咲き終わった後は種を付け、チューリップも咲き終わった後にきちんと球根を残しておけば、翌年も綺麗な花を咲かせてくれます。

最初はすぐに枯らせてしまってた

花をきれいに咲かせるのって、けっこうむずかしくて、最初は花を枯らせてしまうことが多かったんですよね。だから、花も咲き終わったら、それで終わりというイメージが強かったので、毎年苗を新たに購入していました。

でも、続けていくうちに、もっと庭先を花で一面にしたいと思ったり、花を枯らさずにもっと長く楽しみたいと思うようになって、ネットで育て方を調べている内に、苗を購入して育てるのではなくて、種から育てることに興味を持ちました。

種から芽が出た瞬間や、花が咲いた瞬間はとても嬉しくて花を見る楽しみが増えました。意外と簡単に種から発芽する品種もあれば、全然発芽してくれない品種もあり、育てる難しさも体感することができたんですよね。

ガーデニングから畑へ

種から育てることで苗を買う必要がなくなり、種もたくさん取れるので、ついに、ガーデニングの規模を超えて、畑に移行しました。きれいな花を咲かせるために、肥料代をかけたり、土の種類や配合の仕方、肥料についての知識をどんどん身につけ、花を出荷するまでになりました。

最初は趣味の1つだったのに、いつの間にか仕事になった、私の親せきの事例です。この親戚は、自分で気持ちを込めて育てた花の写真を撮るのも好きで、綺麗に撮影できるアングルを見つけたり色味を加工するのも楽しんでいたら、パソコンの操作も覚えたんですよね。

自分でお花屋さんのホームページを作ったり、Amazonで販売もしていました。地元の小さなお花屋さんだったときは、趣味の延長だったんですけど、贈答用のお花をネットで受注するようになってからは、入学式、卒業式、誕生日、母の日など、お花を送るお祝い事ってけっこうあるので、規模も大きくなりました。

ネットを活用すれば大きな仕事になる可能性がある

最初は趣味のつもりでも、今は、ネットショップも簡単に作れるし、Amazonやヤフーショッピングなどの販路がたくさん準備されています。だから、すでに店舗を持てるほどの規模になっているなら、すぐにネットを活用した方がいいですし、店舗がなくても、BASESTORES.jpを使えば、簡単にネットショップを始めることができるので、大きな仕事になる可能性は十分にあります。

まとめ

趣味の延長線上のネットショップであれば、商品知識も豊富なので、販売もしやすいです。また、趣味になるくらい大好きなことなので、没頭しすぎてしまう可能性もありますが、好きなことがお仕事になるなんてとても幸せなことです。「この趣味はネットショップになりえるのか?」と考えるのも良いです。