料理

秋刀魚 さんま の塩焼きのはらわたは処理した方がいい?

さんまの塩焼きっておいしいですよね。スーパーでも、特に切られてないで、そのままの形で売られているのが多いので、丸焼きしていいのか、はらわたを取った方がいいのか悩みますよね。

この記事では、さんまの塩焼きをするときのはらわたの処理についてと、アレンジレシピについて解説します。

beluga
beluga
丸焼きでOKなら調理も簡単でいいよね。

さんまの塩焼きをするときは、はらわたはそのままで大丈夫です。はらわた部分は栄養価も高いので、苦くて苦手な人もいるかもしれませんが、食べた方が体にも良いです。

秋刀魚の塩焼きのはらわたは処理した方がいい?

秋刀魚の塩焼きをするときに、はらわたの処理をした方が良いのかと言うと、実は処理しない方が良いんです。

理由は秋刀魚のはらわたにはたっぷりの栄養が含まれているからです。どんな栄養が含まれているのかと言うと、ビタミンAとビタミンBのビタミンに加えて鉄分やカルシウムが含まれています。

人によっては、はらわたは苦くて苦手と言う人もいますが、これだけの栄養がたっぷり入っているため食べられるならば食べた方が身体に良いです。さんま事体にも頭を良くするDHAや血管や血液の動きを良くするEPAが入っていますが、はらわたの栄養素に比べると劣ります。

秋刀魚の中でも一番栄養が良いのがはらわたのため、ぜひ塩焼きをする時には処理をせずに食べてみて下さい。

秋刀魚の塩焼きで大根おろし以外の付け合わせは?

秋刀魚の塩焼きには大根おろしがマッチしてとても美味しいです。秋刀魚の塩焼きの付け合わせとしては、大根おろし以外にはいろんな種類があります。

例えば、じゃがいもの煮物、キャベツやきゅうりなどの野菜を浅漬けにしたものなどは、秋刀魚を塩焼きにして大根おろしと合わせて食べた味と同調させ、抵抗を感じさせない一品です。

また、汁物では味噌汁やお吸い物が良いです。味噌汁は和食の中では定番の一品であり、豆腐やネギを入れてスッキリするような感覚に浸ることができます。お吸い物は口の中に残った味をリセットさせ、他の料理の味を満足に感じることができます。

秋刀魚の塩焼きは名前の通り塩味が効いていることから、付け合わせとしてはかなり良いです。人それぞれによって多種多様の付け合わせがあるため、他にも様々な料理の中で良い付け合わせになるものがあると言っていいでしょう。

秋刀魚の塩焼きのアレンジレシピは?

秋刀魚の塩焼きをした場合のアレンジレシピは、大きく分けると2つあります。秋刀魚自体にアレンジを加える方法と、添え物をアレンジする方法です。

添え物で定番は大根おろしに醤油ですが、そればかりだと飽きてしまいます。そんな時におすすめなのがアボカドです。アボカドといっても実をそのまま添えるというものではなく、種を取り除いた実を、フードプロセッサーを使い滑らかにします。そして、味付けは塩コショウとマヨネーズを加えて混ぜ合わせたら完成です。

次に、秋刀魚自体のアレンジですが、塩は塩でも塩麹を使って秋刀魚を塩焼きにすると味に深みが出て美味しいです。最後に、塩と一言で言っても様々な種類の塩があります。いつもの秋刀魚の塩焼きに飽きてきたら塩を変えるだけでも、いつもとちょっぴり違った秋刀魚の塩焼きを楽しむことができます。

まとめ

さんまの塩焼きでは、はらわたの処理はせず、食べて大丈夫です。

さんまの塩焼きを食べるときは、大根おろしの付け合わせが定番ですが、他にもアボガドの付け合わせもおすすめです。塩焼きをするときの塩自体を変えることで、違った味を楽しめますので、旬のさんまをおいしく食べてくださいね。