生活

秋の七草の意味は?何のために選ばれたの?暗証方法まで解説

「七草がゆ」なんて聞いたことはあると思いますが、「春の七草」は有名ですけど、「秋の七草」があるのはご存知ですか?小学生の頃に勉強したような気がしますが、大人になってしまうと忘れてしまいますよね。

この記事では、秋の七草の意味と、何のために選ばれたのか、そして秋の七草を簡単に覚えられる、暗証方法まで解説します。

beluga
beluga
せり~なずな~とか昔覚えたけど、これは春だよね。

春の七草の無病息災に対して、秋の七草は、秋の美しい花を見て楽しむという意味があります。同じような「七草」でも全く意味が違いますね。

秋の七草の意味は?どんな花?

秋の七草の意味は、主に観賞用で、春の七草は無病息災の意味がありますが、秋の七草は秋の美しい花々を見て楽しむという意味があります。

秋の七草の花は「萩」「尾花」「葛」「撫子」「女郎花」「藤袴」「桔梗」の7種類になります。旧暦の秋は7〜9月ごろですので、この時期に咲く花を昔の人は秋の七草と名付けて愛でていたのです。

現代の暦とは時期が若干ズレていますが、秋の訪れを知らせる花として万葉集の歌にも収められています。

また、食べるのではなく生薬としても利用されているのが秋の七草の特徴です。葛から作る葛根湯は風邪薬としてよく使われる漢方の材料となり、萩や桔梗の根っこは咳を止める効果があるとされていて冬場などに活躍する生薬です。

秋の七草は何のために選ばれたの?

日本において秋の七草の定義が誕生したのは万葉の時代であると言われています。では、秋の七草は何のために選ばれたのでしょうか。

一月七日には春の七草を入れた七草粥を食べる習慣がありますが、それには一年間の無病息災を祈るという意味があります。それに対して、秋の七草はその美しさを鑑賞して楽しむために選ばれたと考えられているのです。

この点は、秋の七草に選ばれた花を見れば分かります。萩の花や尾花、葛花や撫子の花、女郎花や藤袴、そして朝顔の七種類ですが、実に美しい花ばかりが選ばれています。さらに万葉集の中に秋の七草に関連した和歌があるように、五七五のリズムに当てはめるとしっくり来て覚えやすいようになっています。

秋の七草を暗唱する方法は?

秋の七草を暗唱するなら、和歌のリズムである五・七・五・七・七に乗せて歯切れよく口ずさむと良いです。

次の順番で多くの人々が秋の七草の暗唱を行っています。その覚え方とは、「ハギ・キキョウ/クズ・フジバカマ/オミナエシ/オバナ(ススキ)/ナデシコ/これぞ秋の七草」です。

節をつけて繰り返し復唱することによって簡単に覚えることが出来ます。

または「おすきなふくは?」という語呂合わせの覚え方もあります。

それは、お・オミナエシ/す・すすき(オバナ)/き・キキョウ/な・ナデシコ/ふ・フジバカマ/く・クズ/は/ハギという流れです。

秋の七草の写真を見て植物を思い浮かべながら覚えるという方法もあったりします。

この他にも「ハスキーなお袋」という語呂合わせもあります。「ハ・萩、ス・薄、キ・桔梗、な・撫子、お・女郎花、ふ・藤袴、く・葛、ろ」です。

まとめ

秋の七草には、美しい花を見て楽しむという意味があります。美しい花を見て楽しむために、秋の七草が選ばれたなんて、日本人の風流さが現われているように思えます。いくつかの暗証方法もお伝えしましたので、春の七草だけでなく、秋の七草も覚えてくださいね。