美容

日焼け後のケア 体につけるなら何がいい?シミを防ぐ方法は?

海やプールに行くときは、しっかり日焼け止めを塗るんですが、バーベキューくらいなら日焼けしないかな?と油断してしまって、日焼け止めを塗らなかったら、日焼けしてしまった!という経験はありませんか?

女性はお化粧を普段からしているので、顔が日に焼けるということはあまりないと思うんですけど、首や首と洋服の間のデコルテ部分だけが日焼けしてしまうということはありますよね。

この記事では、日焼け後のケアについて解説します。顔ではなくて、体の日焼け後のケアについてです。正しい対処法でシミになるのを防ぎましょう。

くみ
くみ
10代20代ならまだいいけど、30代40代ともなると、日焼けをそのままにしてるとシミになっちゃうからね。

日焼けは軽いやけどと同じなので、そのままにしておくのではなく、きちんとケアするのが重要です。クリームなどを適当につけてしまうと、それこそシミの原因になりますので注意が必要です。

日焼け後のケア 体につけるなら何がいい?

外で何かイベントごとがあるのなら、曇りの状態でも必ず日焼け止めは塗っておいた方がいいです。ですが、うっかり日焼け止めを塗らずに、日焼けをしてしまった場合は、速やかに日焼け後のケアをするのがいいです。

日焼けをした場合は、赤くなった後に、その後、黒くなります。この、黒くなる前にケアをするのが大事になってきます。

日焼けは、肌の軽いやけどでもあるので、赤い状態のときにケアをした方がいいんですね。このときに、化粧水を塗る、乳液を塗る、保湿剤を塗る、シーブリーズを塗るなど、ケアの方法はいろいろあるのですが、一番大事なのは水で冷やすことです。

日焼け後のケアは冷やした方がいい?

日焼けをした場合は、赤くなった肌の状態のときに、すぐに水で冷やすのがいいです。黒くなってからでは、シミになりやすくなってしまうので、肌が赤いときにケアをしましょう。

水で気になる部分を冷やすだけでなく、目に見えない部分も日焼けしている可能性もあるので、水風呂に入るのは効果的です。

水で冷やした後に、化粧水でケアします。日焼けは肌が乾燥するので、顔に塗るタイプの化粧水を体に塗ってあげるのがいいです。このときに、高い化粧水ではなくて、大容量の化粧水がドラッグストアで売っていると思いますので、そちらで十分です。

高い化粧水の場合は、美白成分が含まれている場合が多いです。美白成分が含まれている化粧水は刺激が強いので、日焼け後のケアにはおすすめしません。

なので、大容量で美白成分の含まれていない化粧水を、体に塗るのをおすすめします。その後に、ボディクリームで肌を整えてあげればOKです。

日焼け後のケア シミを防ぐ方法は?

肌が赤い状態で、冷やしたり保湿をすれば、シミも防ぎやすくなります。ですが、黒くなってしまった場合は、メラニンの色素沈着の状態になっています。

シミは年齢を重ねるたびに増えてしまうものなので、100%防ぐことはできないのですが、ターンオーバーを活性化することで、黒い肌から白い肌に戻すことができます。

ターンオーバーを活性化させるには、良質な睡眠と規則正しい生活、食生活となります。こればかりは、化粧品などで何とかなるものではないので、地道な努力が必要になります。

まとめ

日焼け後のケアで大事なのは、まずは水で冷やすこと。そのあとに化粧水をたっぷりつけて、保湿をするのが一番いいです。シミのないきれいな肌を保つためには、規則正しい生活、食生活が不可欠です。それでも心配であれば、皮膚科で専用の薬をもらうことをおすすめします。